忍者ブログ
「会社への通勤に使うから」と購入した平成14年式ダイハツコペンAT(走行距離11万4千900キロ・車台番号2千5百番台の初期型)もだいぶ完成? いえいえまだまだDIYしたい箇所が盛りだくさん! L880K型コペンの定番とも言えるボディ補強からスズキWGVから ルーフ指サックでガタピシ音対策、 果ては他車の弄りを参考に独自アレンジしたものまで。 思いつく限り!とりあえず通勤時に困らないように走る限り!壊さない程度に弄り倒します!
[139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128
2016年11月14日 天候 雨

本日、雨で仕事休みになりましたので
急遽思いつきでDIYしようと思います。

Q COPEN! > DIY 補強編 > デットニングトランク編(ちょっぴりボディ補強?)


 
今回の主役
防水ブチルテープとアルミガラスクロステープ
100均でアルミガラステープは入手出来ると思ってましたが
意外とありませんでした。
なので近所のホームセンターで2,000円出して購入、、、、。
うう、唯の思いつきだったのに地味にコストがかかります。


手始めにドコをするか悩んだ結果
トランクルームで効果を試す事にしました。
とりあえず、邪魔なモノは外し、パーツクリーナーで洗浄、脱脂します。
テープの効果を最大限に出すには密着がキモです。
以前ボディ補強で両面テープを試した事があったんで
密着の重要性は理解しています。

 
最初は長い一枚モノで貼り込もうとがんばってましたが
その内、腰と膝裏が悲鳴を上げるんで重ねを多く取る作戦に。
あ、溶接部分はいつものスーパーX&瞬間接着剤流し込んでみました。

唯のデットニングであれば100均アルミテープでもOKと思いますが
どうせ貼るなら、、、、って事でガラス繊維入りアルミテープをチョイス。

効果があるのかどうかわかりませんが
ボディの電位差を無くすとかなんとか、、、。
トヨタのアルミテープチューンじゃないですが。

このガラス繊維入りアルミテープは手で引っ張ったくらいでは切れません。
まぁ捩れる方向には無力でしょうが
引っ張りには十分耐えそうです。
およそ30mありましたが、トランク全てを貼り付ける分量では足りませんでした。
縦に貼るか横に貼るかでまた違うかも知れませんが
なんとなく縦に貼りました。

次にフロアーやる時に余れば続きを貼ろうかな。


雨の止み間を利用しつつ何とか30m使い切った、、、。


で、デットニングって事ですので
アルミガラスクロステープの上から防水ブチルテープを貼り込みます。
今回、20mを2本購入しましたが1本ちょっと使いました。
アルミテープほどピッチリ貼らなくていいんで、結構いい加減な貼り方です。

 
仕事柄、よく使いますんで知ってますが
まず裏紙は全部切らずに残します
片面のブチルテープは粘着面の反対側の不織布側から
カッターを入れると簡単にカットできます。
カッターは裏紙を剥がした部分で切れば
裏紙まで切らずに済みます。
こうすれば、一々ブチルテープを爪で剥がさなくても
裏紙を引っ張れば簡単に剥がせますし、手が汚れません。

ハサミはすぐ切れなくなるんで極力使用しない。
(捨ててもいいハサミで切る事)
ある程度裏紙が余ってきたら余分を切っていけば
あまり手を汚さず、作業しやすいと思います。

あ、出来れば冬とか気温が低い時の方が粘着剤が粘つかず
簡単かと思います。
パーツクリーナーとかでも簡単に溶けるんで用意しておくといいでしょう。

後は部品を元に戻して終了。

気になる効果ですが、、、。
テープ貼りでクタビレてしまいましたので
走行しませんでしたので不明です。

40過ぎのオッサンには超重労働です。
今も腰が痛い、、、、。

次回、フロアー施工時に報告したいと思います。
効果を感じればフロアーを施工するんで
本当にするかは不明、、、ですが。

拍手[0回]

COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
ブログ内検索
忍者カウンター
バーコード
プロフィール
HN:
take
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1974/10/27
職業:
左官職人
趣味:
車弄り=DIY
自己紹介:
愛車遍歴は20歳で「カッコイイから」と空冷VWを購入しかし車弄りはせずドライブ専門で過ごすが通勤や出張時のトラブルで泣く泣く売り飛ばしAE86(パンダトレノ2Dr)を購入。しかし高速道路走行中に油圧計破損に気づかずエンジンブロー。再度空冷VWオーナーになるがNewBeetle発売で浮気。その後結婚して維持できなくなって軽自動車に目覚め「コペン購入」現在に至る。
Copyright (C) 2017 Q COPEN! All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]
PR
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...