忍者ブログ
「会社への通勤に使うから」と購入した平成14年式ダイハツコペンAT(走行距離11万4千900キロ・車台番号2千5百番台の初期型)もだいぶ完成? いえいえまだまだDIYしたい箇所が盛りだくさん! L880K型コペンの定番とも言えるボディ補強からスズキWGVから ルーフ指サックでガタピシ音対策、 果ては他車の弄りを参考に独自アレンジしたものまで。 思いつく限り!とりあえず通勤時に困らないように走る限り!壊さない程度に弄り倒します!
[148]  [146]  [147]  [145]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137
2016年12月25日 天候 晴れ

さて
前回(→コチラが前編
純正マフラーをぶった切ってマフラーカッターを
取り付けしました、んが!

実はあれは完成形ではないのです。

Q COPEN! > DIYエンジンルーム編 > 純正マフラーにマフラーカッターを取り付けした話 後編


今回、同じマフラーカッターを
3個購入しておりました

そう、コペンマフラー3本出し仕様にしちゃいます。

これが前回の状態。
この真ん中の網網部分をカットします。


はい、余計な部分を切りたくないんで
マスキングテープでガイドしてノコギリで切りました。


で、あんまり見えませんが
カット部分に以前サイドステップ作った時に出た端材を
ホットボンドとセメダインスーパーXにて接着。
そこにエポキシパテの余りモノを擦り付けておきます。
まだもう少しマフラーエンドは弄るネタがあるんで
その時にでもパテ削って塗装します。


で、マフラーの間にマフラーカッターを取り付ける部分を作ります。
材料は
以前カットしたマフラーの切れっ端(約10cmくらい)
ホムセンで調達したパイプのクランプや汎用ステー等
これらを駆使してマフラーカッター取り付け部分を構築します。
ちょうど、センター奥にジャッキポイント?があるので
実はなんちゃって仕様の方が便利なのかも知れません、、、、。

そう、擬似マフラー3本出し仕様です。
要するになんちゃってですね。
溶接とか出来たら、マジに3本出しにしちゃうんですが
まぁ性能に余り関係しないそうなんで、マフラーエンドって。
(と、言いつつホムセンにあった安い溶接機が欲しかったりして、、、)

最近、性能云々も大事だけど
雰囲気ってあるよなって思い出しました。


内部、および外側は以前のマフラーカッター同様
耐熱ブラック塗装です。
白いパテが痛々しいですが、、、。
後ろから見たとき穴が開いていたらカッコ悪いんで
なんちゃってセンターマフラーは奥に椅子の足カバーゴム製を突っ込んで
おきました。

さて、次回はこの純正改3本出しマフラーを
さらに仕上げていきます。
現状、結束バンドで固定してますが
マフラーが温もって出てくると少々ズレるんで
その辺りの修正もしていきたいと思います。


拍手[0回]

COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
ブログ内検索
忍者カウンター
バーコード
プロフィール
HN:
take
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1974/10/27
職業:
左官職人
趣味:
車弄り=DIY
自己紹介:
愛車遍歴は20歳で「カッコイイから」と空冷VWを購入しかし車弄りはせずドライブ専門で過ごすが通勤や出張時のトラブルで泣く泣く売り飛ばしAE86(パンダトレノ2Dr)を購入。しかし高速道路走行中に油圧計破損に気づかずエンジンブロー。再度空冷VWオーナーになるがNewBeetle発売で浮気。その後結婚して維持できなくなって軽自動車に目覚め「コペン購入」現在に至る。
Copyright (C) 2017 Q COPEN! All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]
PR
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...