忍者ブログ
「会社への通勤に使うから」と購入した平成14年式ダイハツコペンAT(走行距離11万4千900キロ・車台番号2千5百番台の初期型)もだいぶ完成? いえいえまだまだDIYしたい箇所が盛りだくさん! L880K型コペンの定番とも言えるボディ補強からスズキWGVから ルーフ指サックでガタピシ音対策、 果ては他車の弄りを参考に独自アレンジしたものまで。 思いつく限り!とりあえず通勤時に困らないように走る限り!壊さない程度に弄り倒します!
[186]  [181]  [185]  [184]  [183]  [182]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176
2017年 5月13日 天候 晴れ

ひょんな事から見つけたあるHP。
いろいろマイカーをDIYされている方のようで、なかなか興味深い弄りをされています。
その内容に触発されましてリスペクト(真似)させてもらいました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

Q COPEN! > DIY足回り編 > インナーフェンダー整流板とホイール整流板を製作してみた話(進行中)


以前より当方のコペンはインナーフェンダーがタイヤに干渉するのです。
何故なら165/55R15と純正より大きめな(それでも確か+8mmくらいだったはず)タイヤですので
ノーマル車高にもかかわらずズリズリと摺りまくる。
最近は諦めモードでしたが今年は車検という事もあって
あまりボロボロのインナーフェンダーではアレですので補修と干渉状態を回避するべく作業します。

と、いうのは建前で、あるHPで面白そうな弄りをされている方を見つけたのでマネしちゃいます。
その弄りとは「インナーフェンダー整流板」です。
コペンは軽自動車なのでフロントにしかインナーフェンダーがないのでフロントのみですが

こんな感じで整流板を(参考にした方はもっと綺麗に製作されていましたが)取り付けします。
材料はホームセンターで手に入るプラスチックの見切りです。
高さが約5mmありますので、現状のズリズリインナーフェンダーでは
走行1分で全て折れてしまいます。
なので、可能な限り出っ張りを抑え、オイルキャッチタンクの位置を調整して
さらにインナーフェンダーをタイラップで引っ張りあげて干渉を回避しました。

で、インナーフェンダー整流板の取り付けですが当方の車両はオイルクーラー用のダクトがあるので
インナーフェンダー全面に取り付け、という訳にはいきませんでしたが
なるべく緩やかにカーブを付けてフロントタイヤが巻き込んだ空気を
エンジンルーム側に導くように取り付けしました。

たしか、こんなのはトヨタかどこかのメーカーでもあった気がします。
インナーフェンダーに段差をつけたり窪みを作る事でタイヤハウス内部の空気を効率よく
車外に排出するってものです。
ただ、参考にした方の考えは逆で、タイヤハウス内部の空気をエンジンルーム側の車体下部へ送り
走行風より発生する以上の空気をフロアー下に流す、というものです。
ただ流すのではなく「整流」して流さなくてはいけません。
その為の第一弾がこのインナーフェンダー整流板です。
タイヤ、特にフロントタイヤの前方設置面では走行風とタイヤの巻き込んだ空気がぶつかりあって
非常に大きな正圧のエリアが形成されます。
正圧のエリアは走行抵抗となり燃費悪化やフロントタイヤの接地感の低下などとなって感じられます。
また、フロントタイヤハウス内部の空気の流れが滞り正圧になる事でフロントリフトなども発生します。
この整流板はフロントタイヤハウス内部の空気溜まりを効率よく車体下部へ誘導する為のキッカケです。

とは言え、同じ方の提案するホイール整流板とフロア下の整流板は未だ未施工なので効果は不明。
一応試験走行してみましたが、なるほどフロントが若干重く感じられるかな?といった程度です。
それよりはズリズリ刷らなくなったインナーフェンダーが嬉しいと思っちゃいました。

で、こっちがホイール整流板。

天井見切り(12mm)を使用。

適当サイズにカットして2枚を合わせて「エ型」にします。
後は両面テープとアルミテープで固定するのですが、、、、。
 
とりあえず試しに作ってみましたが、ちょっと良くないので
明日修正してみます。
とりあえずブレーキとの干渉はギリギリありません。

当方も昔ホイールの回転を何かに利用できないかと思った事があります(思ったダケでしたが)
今回、思いがけず答えの1つを見つけたような気がします。
明日完成させてレビューできたらいいのですが、、、。

拍手[0回]

COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
ブログ内検索
忍者カウンター
バーコード
プロフィール
HN:
take
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1974/10/27
職業:
左官職人
趣味:
車弄り=DIY
自己紹介:
愛車遍歴は20歳で「カッコイイから」と空冷VWを購入しかし車弄りはせずドライブ専門で過ごすが通勤や出張時のトラブルで泣く泣く売り飛ばしAE86(パンダトレノ2Dr)を購入。しかし高速道路走行中に油圧計破損に気づかずエンジンブロー。再度空冷VWオーナーになるがNewBeetle発売で浮気。その後結婚して維持できなくなって軽自動車に目覚め「コペン購入」現在に至る。
Copyright (C) 2017 Q COPEN! All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]
PR
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...