忍者ブログ
「会社への通勤に使うから」と購入した平成14年式ダイハツコペンAT(走行距離11万4千900キロ・車台番号2千5百番台の初期型)もだいぶ完成? いえいえまだまだDIYしたい箇所が盛りだくさん! L880K型コペンの定番とも言えるボディ補強からスズキWGVから ルーフ指サックでガタピシ音対策、 果ては他車の弄りを参考に独自アレンジしたものまで。 思いつく限り!とりあえず通勤時に困らないように走る限り!壊さない程度に弄り倒します!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
2011年11月22日 天候 曇りのち雨


今年も、でしたがバッテリーをトランク下に移設していらいDIYの際にバッテリーショートさせちゃうことがあって今年だけで2回バッテリー交換しています。
電装品弄りの時はバッテリーマイナスは外すのが常識なんですが、、、、。
非常にアクセスしにくい場所なんでついついやっちゃいます。

今回はそんなバッテリーショートとまったく関係ない「デサルフェーター」の取り付けです。

拍手[0回]

2011年11月19日 天候 曇り

 
  「HUD」は最近ではOBD2に接続して使用する安価な製品が出回っているのでご存知の方も多いと思います。
HUD」とは(ヘッドアップディスプレイ=ハッドと言う)戦闘機の操縦などで計器を確認しなくても良いように風防や前方のディスプレイに直接、速度や進行方向などの情報を投影し確認する事ができる。
軍事産業だけでなく医療分野、そして自動車産業でも近年利用されつつあります。

当方も「ほしいなぁ」とは思っていましたが自動車の場合は少々問題があります。
純正採用している車種(マツダやBMW等)では問題なく使えるんでしょうが、コペンには当然そんなモノある訳も無く、、、。社外品つまり汎用品を利用することになります。

で、社外品をフロントガラスを使って投影すると映し出されたモノが二重に見えてしまう問題が出てきます。
恐らく、純正採用している車種では2重に写らないガラスを使用しているんじゃあ無いかな?と思います。
コレの解決方法としては「コンバイナフィルム」を投影箇所に貼り付ける事で解決するんですが、、、。
実はコンバイナフィルムを貼り付けした部分を車外から見ると四角い何かが貼ってあるのが一目瞭然なんですよね。貼っている人には悪いですけどちょっと、、、って感じです。

でもHUD自体はカッコイイしデジタルメーターって憧れる世代でもありますから何とかコレを使ってDIYしたいって事で既存のアナログメーターに利用する事を思いつきました。
まぁ大した事無いんですけど

拍手[0回]

2017年10月29日 天候 雨のち晴れ

最近取り付けした方もいるとか何とか、、、。
流行モノですが「レーザーバックフォグ」を取り付けします。

バックフォグ レーザーライン照射 照射角度90° IP67 汎用 12V レッド 赤 1個

↑こんな商品です。
車両後方に横一文字に赤いレーザーのようなラインが照射されて後続の車両に視認されやすくする製品です
誰が考えたのか、なかなか面白い製品ではあります。
海外製ですが外車で採用されているかは不明。まぁ洒落アイテムなんでしょう。
レーザー、、、とは言いますが恐らくLEDの光源をレンズでライン状にしているだけなので、製品自体は安価です。
実際千円以下で購入できましたので今回取り付けしてみようと思います。

拍手[0回]

HOME  → NEXT
ブログ内検索
忍者カウンター
バーコード
プロフィール
HN:
take
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/10/27
職業:
左官職人
趣味:
車弄り=DIY
自己紹介:
愛車遍歴は20歳で「カッコイイから」と空冷VWを購入しかし車弄りはせずドライブ専門で過ごすが通勤や出張時のトラブルで泣く泣く売り飛ばしAE86(パンダトレノ2Dr)を購入。しかし高速道路走行中に油圧計破損に気づかずエンジンブロー。再度空冷VWオーナーになるがNewBeetle発売で浮気。その後結婚して維持できなくなって軽自動車に目覚め「コペン購入」現在に至る。
Copyright (C) 2017 Q COPEN! All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]
PR
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...