忍者ブログ
「会社への通勤に使うから」と購入した平成14年式ダイハツコペンAT(走行距離11万4千900キロ・車台番号2千5百番台の初期型)もだいぶ完成? いえいえまだまだDIYしたい箇所が盛りだくさん! L880K型コペンの定番とも言えるボディ補強からスズキWGVから ルーフ指サックでガタピシ音対策、 果ては他車の弄りを参考に独自アレンジしたものまで。 思いつく限り!とりあえず通勤時に困らないように走る限り!壊さない程度に弄り倒します!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019年 1月 1日 天候 曇り

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

本日は7時30頃起床、朝方は晴れていたからか?自宅がちょっと標高のある場所な事もあって寒い。
また、元日という事もあってボチボチと新年初弄り第一弾!の準備を始めました。

題名の通り「SPOON製リジカラ」をコペンにDIYにて取り付けいたします。
(誰かやってる人がいれば参考になるかなぁと思いましたが検索してもヒットせず)

これがL880Kコペン用リジットカラー=リジカラです。
パーツNo50261-COP-000はフロント用で、今回はフロントに取り付けいたします。
返品されたのか?定価よりちょっとお安く未使用品を手に入れました。
プロショップの取り付け例みたいなのは見ましたがDIYでの取り付け例は見つからなかったので、今回はちょっと詳しく書いていこうと思います。


リジカラ付属の取り付け説明書。
コペンのエンジンメンバー(サブフレーム)は4本のM17ボルトでボディに締結されています。
(黄色F-1と緑色F-2。青色丸はクロスメンバー固定ボルトなので関係無いハズですが当方は自作補強バーが邪魔だった為に取り外しました)

リジカラの効果原理としてはHP等の説明が詳しいので簡単に書きますが、車両組み立て時に効率よく製造できるようエンジンメンバーのボルト穴はある程度(といっても結構大きいですが)遊び、隙間があります。
(あまりに精度が高すぎるとボルトが入らない事があるので)
コペンの場合は製造ラインは手で押して半分手作業な感じだったと見ましたがどうなんでしょうか?
意外とエンジンとかの大物はライン上で流して組んでいたのかも知れませんし、ボディもエンジンメンバーもミラ等と共通だったのでその名残で取り付け穴が大きいのかも知れません。

、、、で、リジカラはこのメンバー固定ボルトに入れるカラーになります。
1本のボルトでリジカラ2個、計8個のカラーを使用します。
なお製品には10個のリジカラがありますが、これはF-2部分が車種や年式・個体差で大きさが違うらしく選択式になるから、です。

と、こんな感じでリジカラの効果については取り付け後の試走で堪能する事として取り付け作業に入ります。

拍手[0回]

2018年12月 4日 天候 雨

本日、某オークションで出品されている、あるグッズを取り付けしてみました。
エー〇ン ロードノイズ低減プレート」と同等の効果を期待できるらしい「ヤフ〇ク ロードノイズ低減プレートワッシャー」です。


とりあえずM8サイズを20枚。本家?のエー〇ン製は販売終了になってしまい、オークションでも定価以上で出品されています。まぁそれを落札してもいいのですが、どうせならこっちの「同等の効果」というのを試してみたくなりまして、、、。

拍手[2回]

2018年10月30日~11月2日 天候 曇り

 
今更感満載な気もしていますが、、、。
当方のコペンはDIYにて各部に補強バー、スポット溶接部に瞬間接着剤・セメダインスーパーX流し込み、ストラットタワーバー、トランクバー等の補強をしていた事もあってスルーしていたのですが、、、。
最近はガッツリな弄りを控えている事もあって(ボンネット等予定はあるのですが、、、)最近はお手軽な弄りばかりしております。

んで数年前に興味はありつつ「あまりこれ以上は変化しないだろう」と施工しないつもりだったのですが、まぁモノは試しという事で昨日左右のサイドシル(スカッフプレートを外した場所ですね)に100均のガチャ玉を適当に取り付けしてみました。
(詳しい施工方法は各ブログやみん〇ラ等が詳細に解説していますが、要するにガチャ玉でスポット溶接部分の耳?をパチパチと挟んでいくだけ)

ところが。
本日の朝の出勤時に結構効果を実感できてしまいました。
もうこれ以上の効果を求めるならDIY補強ではなく製品を(つまりちゃんと販売しているモノ)使うしかないだろうと思っていましたが、、、。
あるいは接着剤補強等が気づかないうちに劣化してきていて、効果が体感できただけなのかも知れませんが。

その効果とは当然、ボディの剛性感向上。
コペンはオープンカーなので、通常の箱車と比べてどうしてもボディの捩れや細かいガタピシ音が多いのです。
(特に最近は気温が低くなってきて朝の通勤時はゴムブッシュやウェザーストリップ等が固く異音が出やすい。これは走行時間が長くなれば車内の暖房が振動でゴムが柔らかくなって解消しますが)
この異音がゼロにはなりませんが朝一から結構収まっています。

車の補強をした人であれば、ボディのどこを補強すると車体がどう変化するか?運転したときの感覚の変化というものがわかると思いますが、ちょうどフロアクロスバー(コペンの車体下のクロスした補強材)周辺を補強した感覚と同じ変化です。
(もっとも数日乗るとそれが当たり前になってしまってまったく感じなくなるのですが)

 
昨日ガチャ玉が足りなくてできなかったトランク後方も会社帰りに追加購入してぐるりと施工。
取り付け終わったらウェザーストリップで押さえ込んでしまえばズレたり外れる事もないでしょう。
若干、トランクリッドが窮屈に閉まりますが問題無いようです。

取り付けに関しては最初ガチャ玉を留めるクリップスライダー(ガチャックは商標で一般名称は連射式クリップらしい)を使用していたのですが、やっぱりというかすぐに破損してしまいましたので手持ちのラジオペンチの太めの工具をガチャ玉の隙間に突っ込んで広げて嵌めることに、、、。

 
Aピラー部分についても施工してみました。
ここには自作したイレクターロールバーを連結しているので剛性UPは効果あるかと、、、。
スポット溶接が2枚くらいならちょっと角度をつけて指で押し込む感じでチャッチャと嵌めていけます。
ウィンドウ側もしたかったのですがウィンドウ固定?のスポンジがあるので無理にはしていません。
結局、どのくらいガチャ玉を使うか検討が付かなかったので3個くらい余ってしまいました、、、。
またどこか使えそうな箇所を見つけたら都度施工していけるかと思います。

拍手[0回]

HOME  → NEXT
ブログ内検索
忍者カウンター
バーコード
プロフィール
HN:
take
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1974/10/27
職業:
左官職人
趣味:
車弄り=DIY
自己紹介:
愛車遍歴は20歳で「カッコイイから」と空冷VWを購入しかし車弄りはせずドライブ専門で過ごすが通勤や出張時のトラブルで泣く泣く売り飛ばしAE86(パンダトレノ2Dr)を購入。しかし高速道路走行中に油圧計破損に気づかずエンジンブロー。再度空冷VWオーナーになるがNewBeetle発売で浮気。その後結婚して維持できなくなって軽自動車に目覚め「コペン購入」現在に至る。
Copyright (C) 2019 Q COPEN! All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]
PR
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...