忍者ブログ
「会社への通勤に使うから」と購入した平成14年式ダイハツコペンAT(走行距離11万4千900キロ・車台番号2千5百番台の初期型)もだいぶ完成? いえいえまだまだDIYしたい箇所が盛りだくさん! L880K型コペンの定番とも言えるボディ補強からスズキWGVから ルーフ指サックでガタピシ音対策、 果ては他車の弄りを参考に独自アレンジしたものまで。 思いつく限り!とりあえず通勤時に困らないように走る限り!壊さない程度に弄り倒します!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
ようこそ!

このブログはダイハツコペンを自作などでDIYしている模様を
できるだけ詳しく(そうでない場合もありますが)写真付にて記事にしております。
最新のDIY記録以外をお探しの方は
記事右側のカテゴリーからお探し下さい。
各記事の全文をお読みになりたい方は
右下のMore]を押していただくと
記事の続きが見られます。
参考になるか
わかりませんが
どうぞご覧下さいませ!

拍手[0回]

2018年10月13日 天候 晴れ


以前よりコペンATの不満点だった「MTモード時にシフト確認しにくい」を解消したく導入。
この「MTモード時にシフト確認しにくい」ですが、コペンATのシフトポジション表示はODOメーター横にあります。

新型であるLA400Kでは左のタコメーター下に大きく表示されているようですが、L880Kでは中央とは言え下の方にODOの数字等といっしょのオレンジ色で表示させているので、例えばMTモード時にシフトが何速なのか?ある程度頭に置いておかないといけません。
と、言うのもコペンのMTモードではギア固定ではなくて車速・エンジン回転数が落ち込むと自動的にシフトダウンするからです。
もっとも、4速固定のままで大きく減速、再度加速させようとしたりすればミッションやエンジンに負担がかかるのでそのような制御なのでしょう。

しかし、例えばMTモードで3速で減速していて、ドライバーは「3速のまま」と思い込んでいても実際には自動的に2速に落ちていた場合、そのままシフトダウンした場合「1速」まで落ちてしまいます。
(経験則的に言うと、このような微妙な状況下では車両側がシフトダウンの操作を受け付けない?ようです。もっともそうならないとも言い切れず、旋廻中にいきなり1速にシフトダウンしようものなら強烈なエンブレで制御不能、、、になりそうな気がする)

まぁ実際にはそのような危険な状態になった訳でもなく、そういった速度域でもないのでしょうが「今シフトが何速なのか?」はメーターの下の方の小さな表示を確認する他なく、特に運転中に視線を下に落とすのがちょっと面倒危険かな?と思っていました。

以前よりウルトラシフトインジケーター(永井電子機器株式会社)は気になっていたものの某オークションでも出てこないかちょっと高い設定でしたがこの度、ヤ〇ーショッピ〇グにてオークション価格程度で(実際には定価よりちょっと安いくらいの新品)購入できました。
要するに新品買ったって事。
(某オークションでは限定モデル青表示カーボン柄を入札しましたが中古なのと競る展開で止めました)


*注 画像は仮設置。試走後メーターフード右側に移動。

配線作業としてはIG・車速・リバース・エンジン回転・アースだったと思います。
車速・リバースはナビ裏でも取れそうですがリバースのみナビ裏から取りまして、エンジン回転、車速をECUから取りました。どうせエンジン回転を結線する必要があったので、、。
IGはACCで代用できそうですが説明書通りコラム下より拝借。
アースも「ボディアースを」と説明書にあったのでちゃんと繋ぎました。

リバース信号についてはATでは「不要」との事ですがまぁ表示してみたくて結線。
久しぶりの電装品取り付けという事もあり数時間を要してしまいました、、、。
特にECU周り、ナビ周りは後付配線の海、、、ほぼ配線のより分けと確認に費やしてしまいました。

で、買い物ついでに試走。
まずメーターフード上中央に取り付けしてみましたが思いっきり邪魔
早々に取り付け場所の移動を考えしまいますが、前を見たまま現在のシフトポジションが確認できるのは非常に便利です。

とりあえず訳もわからず工場出荷状態で試走していましたが、以外や以外Dレンジではほぼ正しくシフト表示していました。
が、MTモードではUP時はいいものの、ダウン時は認識できないようでした。
やっぱりギアポジの学習は必須のようですので、明日早めに起床して交通量の少ない場所で学習させようと思います。





拍手[0回]

2018年10月13日 天候 晴れ


某オークション産。
他の車種のものも製作されているようです。
スカッフプレート中央に「COPEN」の文字があり今まで購入を考えていなかったのですが、9月仕事が忙しく1日しか休めなかった事もありストレス発散のため?購入をしてしまいました。
製品自体は非常に良いもので、ドアを開けると複数パターンで流れるように点灯するので、ついついドアを開けっ放しにしてしまいます
配線作業もドアのカーテシ線と常時電源のみ、取り付けも両面テープと非常に簡単。
普段自作部品等無茶な取り付け作業をする事が多いので「やっぱ完成品は楽だわ」と思った。
また、これを付けてしまったが故に「エンブレムっていいかも知れない」とコペンエンブレム復活を妄想しだしてしまった一品。
ちなみに、取り付け自体は9月に仕事から帰宅後に実施。
サイドシル部分なので雨天時濡れる事も考えられるので周囲をコーキング処理、、、したい。

拍手[0回]

HOME  → NEXT
ブログ内検索
忍者カウンター
バーコード
プロフィール
HN:
take
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/10/27
職業:
左官職人
趣味:
車弄り=DIY
自己紹介:
愛車遍歴は20歳で「カッコイイから」と空冷VWを購入しかし車弄りはせずドライブ専門で過ごすが通勤や出張時のトラブルで泣く泣く売り飛ばしAE86(パンダトレノ2Dr)を購入。しかし高速道路走行中に油圧計破損に気づかずエンジンブロー。再度空冷VWオーナーになるがNewBeetle発売で浮気。その後結婚して維持できなくなって軽自動車に目覚め「コペン購入」現在に至る。
Copyright (C) 2018 Q COPEN! All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]
PR
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...